スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング体験会に行ってきた

8/31(日)、コーアクティブ・コーチング体験会に参加してきた。
CTIジャパンという団体が主催している研修の初心者向け体験会という扱い。

ここしばらく、教育やコーチングなどいわゆるヒト系の分野に興味が向いているので、
どんなものかと見てみようとおもったのがきっかけ。
この団体を選んだ理由は、あるアクティブな友人が以前何度か自分にコーチングを
してくれていて、彼女がコーチングの勉強をしている団体がそこだったから。

さて行ってきた感想としては、、、、すごい。面白い。
主催者側が「日本中の人達がこういう考え方を出来たらどんなにすばらしいか」と
言っていたが、その通りだと思った。


正直、会場に入った瞬間の第一印象は、
「あー、なんかイケてないおじさんおばさんが多いな。若い人もまあまあいるけど真面目そう・・・」
という感じ。
ハイテンションなギャル達がいるとは思っていなかったが、ちょっと残念。

しかし体験が始まり、考え方を聞くととても勉強になった。
特に、もっとも大事といわれていたこの考え方が素敵。
「クライアントはもともと完全な存在であり、自分で答えを見つける力を持っている 」

コーチ、というとどうしてもスポーツのコーチを連想してしまい、
選手達が出来ない技術やテクニックを”教えてあげる”イメージがあった。
しかし、実際はクライアントとコーチに上限関係はなくフラットな立場で
お互い「協働」することが求められていると感じた。
あとは、傾聴し相手の言葉を導いて、直感で気付きを与えることがコーチの役割。
この考えが腹に落ちれば、「ちょっと悩みがあるんですけど、相談に乗ってくれる?」といわれても
「あー、何か良いアドバイスしてあげられるかなぁ」と悩まずに済むね。

また、焦点が「事柄・問題」ではなく「人」であること。
「過去」や「現在」ではなく「未来」であること。もポジティブな感じで素敵。


それにしても、講師をしてくれた2人があまりにも素敵な笑顔でニコニコしていたので、
どういう経歴の人なんだ??と帰って調べてみた。
すると、ひとりは元シンクタンクのコンサル部門のマネージャーで今は経営者。
もうひとりはMBA取得の元コンサルタントでHBRにも記事を書いているそうな。
バリバリのビジネスマンなんだ・・・
もっと自分とは違う(怪しい)世界の人だと思っていたのだけど、そんなことは無かった。
ちょっと安心(笑)

コーチング、もう少し勉強してみようかな。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

たかしどう

Author:たかしどう
良い時間を共有できるように。
Key:
旅行 アジア ミャンマー ネパール Web 人間力 リス族 台湾 中国語 英語 歌舞伎 英語 ビジネススクール 勉強会 ハウスダンス コーチング マインドマップ フォトリーディング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。