スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回ビルキチの会(9/7)

先週日曜日(9/7)はビルキチの会だった。

ビルキチの会とは、8月上旬のミャンマー旅の仲間達との同窓会。
いとけんさんという年長者の家に皆で集まった。
持ち物は、ロンジー(ミャンマーの民族衣装)、一品料理、旅の写真、+DVD。

大雨で電車が止まるなか向かった家は祖師ヶ谷大蔵の素敵なマンション。
集まった料理はまさにアジア。
わざわざ高田馬場で買ったシャン料理。インドカレー+ナン。手作り春巻き(油+フライパン持参)。
ミャンマービール。手作りエビチリ。などなど。
自分の買って行ったクリスピークリームのドーナッツが一番ふつーだった。

ミャンマーでとったビデオを見たり、写真を交換したりわいわいと。
最後はDVD鑑賞だったのだが、ビルマの竪琴かミャンマーのドキュメンタリー映像か、
どれにしょうか迷ったあげく、なぜか「いま、会いに行きます」を見ることになった。

初めて映画館で見たときは後半30分くらい号泣だったので、
大変期待していたのだが、全然泣けなくてショックでした。
理由として考えられるのは、

 1.2度目なのでストーリーを知っていたから。

 2.周りから「似てるねー」「横顔はたかしのほうが綺麗だよ」
   「情けないしどうが似ているよね」「宍戸錠ってしどうと響きが似てる」
   等うるさかったから。

 3.心が荒んだから。

3ではないことを祈ろう。


楽しかった。次回はビルマ語講座?モヒンガーを作ろうの会?
スポンサーサイト

ミャンマーまとめ

今日はなんとか社会復帰をとげました。
でも若干ぼーっとしてたけどね。

しつこいですが、ミャンマーネタ。まとめです。
今回は今までにない印象深い旅でした。
この経験を生かして、自分の今後の人生のきっかけにしていきたいです。

---

なんでわざわざミャンマーに?という反応が多いのですが、
マンダレーというミャンマー第二の都市にある、
お金の無い子供達向けの学校で、先生のボランティアをしました。

7000人生徒がいるマンモス校の中で、
英語を勉強したいという特別な子供達向けのスペシャルクラスに対して、
外国から来た特別ゲスト的な先生でした。
子供達を抱っこして振り回したり遊んでいたらモテモテになってしまい、
成田空港に降り立ったペヨンジュンの気持ちが少しだけ分かりました。

授業の内容としては、自分が英語がそんなに上手ではないので、
あまり英語を話せなくても大丈夫なクラス編成にしました。
(なんと授業内容を完全に任せてもらいました!)

具体的には4クラスを受け持ち、こんなことしました。
中2向け⇒サバイバルゲーム(論理的思考を鍛えるゲーム)
小5向け⇒日本の遊びを紹介(ハンカチ落とし、だるまさんが転んだ、大縄跳び)
小2向け⇒カエルの歌の替え歌練習、輪唱
小1向け⇒体のパーツを英語で覚える、フルーツバスケット

とても楽しかったです。

ミャンマーは学生時代以来4年半ぶりに来たのですが、
とても良い国であることを再確認して、改めて大好きになりました。
ミャンマーに一度行くとビルキチになるという話がありますが、
まさにその通りですね。

特に、自分が感じたことはこんなところです。

■どんなひどい状況でも、目がきらきらしているところ。

 サイクロンの影響でいまだに多くの人がまともな暮らしを出来おらず、
 さらに軍事政権の下、国民の負担・不満は大変大きいはず。
 それでも、私があったミャンマー人たちは、笑顔を忘れず、
 我々外国人に対して最大のWelcomeを示してくれました。
 道であったどのミャンマー人も、こっちが笑顔で手を振ると答えてくれます。
 なかなかそんな国はないと思います。

■怒らない国

 地球の歩き方の国のマナーのコーナーに「怒らない」という記述がありました。
 初め意味が分からなかったのですが、ミャンマーでは人前で怒ることは
 はしたないこととされているようです。
 確かに、お隣の「微笑みの国タイ」よりもたくさんの笑顔をみました。
 「怒らない」がマナー、素敵です。自分も心がけようと思います。



ミャンマーはもともと、1900年代前半ではアジアでもトップクラスの先進国でした。
しかし、様々な不幸が重なった結果、現在では最貧国に近い扱いになっています。
心から民主化されて彼らが幸せになることを祈っています。

しかし、民主化され市場経済が導入されることで、彼らの心がどのように変化していくのか。
彼らの微笑みは社会主義国の良い面が見えているだけなのかも?などと考えると、
むずかしい問題だなーとも思います。

よい夏休みでした。

旅で一回り大きくなりました




2キロ増!!



写真は、教え子達と、オールドバガンの景色。


明日から仕事だねえ。リハビリだー。

ミャンマー最終日

8月3日に到着したミャンマー旅も今日が最終日。

いやー、ほんといい国だ。ここは。
ミャンマー行った人は皆、
ビルキチになるという話があるけど、まさにその通り。
彼らの笑顔や親切心など、本当に心が洗われる。
4年半ぶりに来てよかった!

ちなみになにをやったかというと、

マンダレーというミャンマー第二の都市の、
お金がない子どもたち向けの学校で、
先生もどきのボランティアをしてきました。
http://www.phaungdawoo.org/ この学校。

子どもたちや先生たちのキラキラ輝く笑顔に、感動!
一緒に言った仲間も I was moved って言ってたよ。
写真もそのうちアップします。

ところで、昨日は88年8月の民主化要求デモ弾圧から20年の記念日。
こちらの記事みたいなことに巻き込まれないよう、
なるべく外出を控えていたので、、、なんとか何もなかったよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000103-mai-int
ホテルの警備をしていた軍人さんがなぜかこの日だけ警備にいないなど、
怪しい雰囲気はあったけど・・・


さて今日はこのあと、
PCPという海外の大学に留学するための予備校みたいなところの
生徒や先生たちとプールパーティ。
そしてその後バンコクに一泊して日曜日に帰ります。

ではまた

Wonderful Myanmar

This is my 4th day in Myanmar.

Myanmar is great country, I really enjoy the food, nature and people.
Yesterday, I ate very nice chinese, I've never eaten such nice food
in Japan. The restaurant shoud have branch in Japan!!

Today, I'll try to be a TEACHER in a school.
This school was build for poor poeple. 7000 students are studying now!!
Students doesn't pay money. Just only by donations run the school.
Teachers get only 20 dollers for 1 month !!! They are very nice guys and girls.

I'm planning to play HANKACHIOTOSHI and NAWATOBI in the class.
(Because I cannnt teach English!)
I'm very happy to do a lot of funny things.

Regards,
Takashi
プロフィール

たかしどう

Author:たかしどう
良い時間を共有できるように。
Key:
旅行 アジア ミャンマー ネパール Web 人間力 リス族 台湾 中国語 英語 歌舞伎 英語 ビジネススクール 勉強会 ハウスダンス コーチング マインドマップ フォトリーディング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。